×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホーム>Google SEO対策

外部リンク重視の傾向があるシェアNO2の検索エンジンである

日本でのシェアがおよそ3割と言われるGoogle検索エンジンですが、当社の持つイメージでは順位変動を担う当検索エンジンのロボットは非常に優秀だというイメージです。それは「しっかりと正当な施策が行われたウェブサイトをきちんと評価してくれる」という点です。比較的順位も安定し易く、Yahoo!に比べて順位変動の幅は少なく抑えることができることが多いのが特徴です。内部施策に比べて外部施策を重要視する傾向が強く、いまだに被リンクの量を重視したSEO対策によりある程度のキーワードであれば上位化することが可能な市場です。


Yahoo!JAPANに比べて安定した検索エンジンである

Google
Googleの検索エンジンはYahoo!の検索エンジンに比べて順位が比較的安定し易い傾向にあります。イメージ的にはYahoo!の巡回ロボットYSTがまだまだ発展途上のクローラーであるのに対して、Googleの巡回ロボットはかなり完成された優秀なクローラーであるという感じです。


ページランクという指標

Googleにはウェブサイトに対する独自の指標として「ページランク」というものがあります。ウェブサイトを独自の評価基準で0~10の順位でランキング付けしています。ウェブサイトの持つポテンシャルを数字化しているという意味でさすがはといったところですが、高ページランクであることがそのままSEOに強いサイトであるということではありません。「ページランクを上げる」ということを気にされる方も多いかとは思いますが、ページランクが上がってもアクセス数があがるわけではありません。あくまでウェブサイトのひとつの指標として参考にする程度の見方がよいかと思われます。


今後の日本検索市場のキーである

Googleはキーになる
日本でこそNo2の検索エンジンですが、世界的にみると圧倒的にシェアNo1です。現在日本ではYahoo!の検索エンジンのシェアが高いため、皆さん目がYahoo!にばかりいきがちですが、世界で最も知名度のある検索エンジンはGoogleであると言えます。優秀なロボットを保有し、SEO対策を行うことにより比較的安定した状態をキープすることができる市場ですので、ウェブサイトをビジネス目的でSEO対策をしたい!という方はGoogleにも着目して対策を行われることをお勧めします。